TOP

就活楽勝サイトでは就職活動に関する記事を投稿していきます!

採用試験で使われる適正審査の内容

最近、採用試験と同じ頻度で用いられているのが、適性検査です。適性検査を行う目的は短い時間内での面接だけでは把握しにくい、個人の資質や、能力、見えにくかった性格の特性などを、科学的に、なおかつ客観的に測定する事ができる検査です。検査は、一種類だけではなく、様々な機関や、企業が作成していて、どのような資質や能力を検査するために行うための検査かは、その企業によって様々です。主な適性検査は、厚生労働省が作成した一般職業適性検査、通称GATBや、職業興味検査のVPI、内田クレペリン精神作業検査、東大式TEG、矢田部ギルフォード通称YG、性格検査、キャリア・インサイトなど沢山あります。検査自体は、それぞれ心理学者等のホランドや、スーパー、バーンの人格理論などを元に作成、開発されているので、全くのデタラメという事ではありません。企業側も。その検査結果は信頼しています。中には、その企業のオリジナルな試験もありますので、事前に準備しにくい物もありますので、OB,OG訪問などを行い、先輩が受けた試験内容を聞いておいて、参考にしましょう。

憧れの土地で働く夢がかなうIターン就職

Uターン就職が出身地に戻って就職することを指すのに対して、Iターン就職は出身地に限らず地方に就職することを意味します。ただ、地方出身者が東京などで就職することをIターンとはいわず、地方に出ていくことを意味するのが通常です。いずれの場合も、苦労するのは別の地域への就職に関する情報収集をすること。また、面接までこぎつけても、スケジュールを空けて遠くまで面接のために出かけるのが負担になることも考えられます。ただ、地域によっては就職希望者を喉から手が出るほど欲しがっていることも多く、面接にあたっての交通費や宿泊費を負担してくれる場合もあります。ただ、現住所から離れている上に、何のゆかりもない土地に就職を希望するとなると、なぜそのような希望を抱くようになったのかがクローズアップされがちです。憧れの土地に住みたいあまりにという理由では企業が納得しないこともあるため、志望動機には注意しておいたほうがよさそうです。


企業も期待している第二新卒者

最近、企業からも注目されている第二新卒とは、社会人経験が1年〜3年程度の若手社員の事を指した言葉です。就職して3年以内の社員の中で、転職したいと考えている若手社員は、企業にとっても無視できない人材確保対策です。3年以内の若手社員に対して、多くの企業では、新卒者と比べても、採用意欲が高く、短い期間で会社を離職してしまった経験よりも、その行動力や、ポテンシャルに期待して採用を考える企業が多いのが特徴です。 企業側が、第二新卒に期待している理由は、3年以上のキャリアのある転職希望者に比べて、社会経験が少ない分、物事の柔軟性に優れていますし、社会経験が少ないので、自社の企業風土に染まりやすく、新しい能力を開発する部分も、3年以上のキャリアのある中途採用者と比べて、期待できると言えます。つまり、新卒者のように最初からビジネスマナーなどを教える必要がなく、中途採用者と比べ、給料も少なくすむため、コストダウンにも期待できます。つまりもっともコストパフォーマンスが高いと言えます。